まいこーmemog

「あっこれなんか使える」と思ったことをメモしたり、なんとなくその日考えたことを書いたりします。

解析力学に見る人生観

こんにちは.

 

昔,専攻の関係上,解析力学を学ぶことがありました.この学問,されるがままに講義を受けていると本当に訳が分からなくなります.

 

しかし,勉強中に出会ったある参考書の一節に非常に面白いトピックがありました.それが力学の基本法則の考え方の中に見る人生観,世界観の話です.

 

勉強はヘビーで難しかったですが,ここだけは誰が見ても面白いと思ったので,簡単に解析力学の雰囲気を説明してから,その力学の原理に見る人生観,世界観を個人的な応用事例とともに紹介できたらなと思います.

 

 

ニュートンの法則の復習

ニュートンの法則

  1. 慣性の法則
  2. 運動方程式
  3. 作用反作用の法則

一般に以上3つで表現されます.ここで重要なのはとりあえず運動方程式です!

 

運動方程式の意味を少し見てみる

運動方程式は高校の物理でma=Fという式で習います.(mは質量,aは加速度,Fは力)

これは実は微分方程式ですね.つまり,変化する量の関係を表した式です.ここで変化する量とはaです.

 

aは加速度と言いますが,これは少し時間が経った時,速度vがどれだけ変化するか?を表しています.時間あたりどれだけ変化するか?という意味の変化量ですね.

 

もっと感覚的なイメージを持つために,具体的にいうと,停止していた車がいきなりアクセルを全開で踏んで1秒後に時速60kmになったらめちゃくちゃ加速したな!って思いますよね.そういう感覚です.

 

まとめると,ニュートン運動方程式は,今,目の前に見えている物質の加速度(速度の時間変化)や力と言ったものの関係式です.時間変化に関する量が入っているので未来や過去の運動を表現できます.

 解析力学の復習(雰囲気だけ)

解析力学ってそもそも何?

僕自身,今も完全に分かってる訳じゃないです...少し復習をしましょう.

 

解析力学(かいせきりきがく、英語:analytical mechanics)とは、ニュートン力学数学解析学の手法を用いて記述する、数学的に洗練された形式。解析力学の体系は基本的にはラグランジュ力学ハミルトン力学により構成される[1]

(引用: 解析力学 - Wikipedia )

 

なるほどわからん

 

上の説明は個人的に難しいですが, すご〜く簡単に言うと,

 

解析力学は,これまで学んできた運動方程式より,更に元となる考え方を原理にして,運動方程式すらその原理から導けるように理論的に整理された力学.

 

こんな感じでいいと思います.*1

 

そしてこの,「更に元となる考え方」ってのが最小作用の原理というやつです.これは普通に内容を書くとめっちゃ数式ですごく難しそうに見えるので雰囲気で説明します.

 

最小作用の原理のイメージを知ろう

最小作用の原理,こんな仰々しい名前だと見るだけで嫌になりますが,ここでは簡単なイメージができれば大丈夫です.

 

簡単にいうと,

自然はできるだけ楽な方法で実現できる現象を現実にする

こんなイメージが持てれば十分かと思います.

 

想像しにくい場合は,冬の休日の朝,寝起きの自分を想像しましょう.

 

目が覚めた,でも動きたくない .テレビが見たい.リモコンはどこだ?足を目一杯伸ばせば届く位置にある.立って取りに行けばいいのに,布団から出ないでモゾモゾと足を伸ばす...

 

こんな感じになりませんか?まさに自然もこうなってます!!!*2

 

でも,何が一番楽かって比べないとわかんないですね.リモコンを立って取りに行くほうが楽なのか,足伸ばしたほうが楽なのか.

比べて何が一番楽かを教えてくれる方法が変分法です.

 

一番楽を知る方法「変分法

変分法は文字通り,変わった分を考える方法です.ここでも厳密さは無視して雰囲気だけ感じていきましょう.

 

 さっきの例をそのまま使います.リモコンをとる一番楽な方法を基準に考えます.今回は「足を伸ばしてリモコンを引き釣りこむ」を一番楽な方法とします.

 

その基準からずれた動き,例えば立ってリモコンを取りに行くと,足を伸ばすよりたくさん動きます.たくさん動いた分「疲れ」は大きくなりますね.この「余分な疲れ」を変分と呼ぶと考えてください.

 

ここで,状況を整理して,まとめましょう..

  • 今は布団の中(事象:A)
  • 目標はリモコンをとってテレビを見ること(事象:B)
  • リモコンをとる一番楽な方法は足を伸ばすこと
  • 足を伸ばす以外で取ると「余分な疲れ」=「変分」がある

 

AからBになるための疲れを一番小さくしたい!そんな式を立てれば何か意味のある式が導かれそうですね.

こんな風な考え方をさせてくれるのが変分法という訳です. 

 

力学に見る世界観とは

微分方程式変分法を比べる

ここまで見てきた微分方程式変分法を比べて見ましょう.

 

微分方程式とは?

今,目の前に見える物理量の関係式.質量mの物体に働く力とその物体の加速度の関係である.

 

変分法とは?

ある事象から別の事象に移る際に自然は楽できる方法を探して移る.その楽な方法を見つけ出す道具が変分法である.

 

ここで,一つ補足します.変分法で出てきたある事象と別の事象の間の運動は,微分方程式でも記述できます.

 

つまり,この2つの考え方はある現象を記述する方法で,どちらで書いても同じ結果が得られます.同じ物事に取り組むためのアプローチが2通りあるということです!

 

具体例としては,キャッチボール中のボールの運動をイメージすればいいかと思います.

 

ボールの加速度や力の関係でボールの動きを考えるの微分方程式

A君からボールをB君に渡す(目的).その間ボールの動きを考える方法が変分法

 

二つの考え方の解釈

やっと物理の話から考え方,人生観の話に移れます.

 

微分方程式は,

目的を考えるわけではなく,今,目の前にある問題を観察して,それに対する最も現実的な方法で問題を解決する.

そんな考え方です.

 

一方,変分法は,

先に目的を考え,その目的を達成するための最善手を目的までの全体像の中で見つけて問題を解決する.

そんな考え方になります.

 

まとめ

状況によりけりですが,このように2つの考え方を整理して頭に置いておくことは結構大事なんじゃないかな,と思って今日はまとめておきました.

 

例えば何か団体を作る時,自分が団体を作りたい,と思って作ったならそれは微分方程式的な思考でしょう.このような団体は往往にして失敗します.

一方,何か達成したい目的があってそのために団体を作ることが最善と判断して作ったならこれは変分法的思考です.この場合は成功しそうです.

 

こんな風に今自分の成すことが,どんな性質のことなのかを2つの思考を使って考えると,自分の思考を整理できるかと思います.

 

こんな風な考え方の拡大が潜んでいるのが学問の醍醐味ですね.

今日のこの考えに出会えた参考書*3を最後に貼っておきます.それでは.

解析力学・量子論

解析力学・量子論

 

 

 

*1:少し厳密にいうとこれまで学んできた運動方程式というのは,ニュートンの法則と書いた方が正確かと思います.

*2:厳密に科学やってる人ごめんなさい

*3:この先生の書き方はもっと普遍化された感じがします

何かをやろうと思っても続かないので

2日前にお酒を飲みすぎてお腹痛いまいこーです.

何かをやろうといろいろ思いたち,いざやり始めは楽しいんですがあまり続くものってないです.このブログも最初はRaspberryPiを触ってく上で自分の学びになったものをメモできたら良いなという意図で始めました.

しかし,RasPi難しい.え?本当にこれやって大丈夫なの?という箇所が多数出てきて今は一旦ストップしています.

そして,他にも何かやろうとして続かないことは多々ある中で,自分なりの解決策を見つけました.

それは,やる事を小さく分割する事

言葉にすると当たり前のように思いますが,実践すると非常に有用でした.

例えば,

  • 体を引き締めたい→×ジムに行こう,毎日走ろう
             ◯毎日数分だけ体幹トレーニング
  • 英語を話したい→×英会話教室に通って毎日数時間勉強
            ◯食器洗いや料理の片手間に音読

などが今実践していて数ヶ月続いている事です.

もちろん余裕があれば+αで頑張ったりしますが,それは本当に余裕があるときだけとします.上の二つについては,「最近身体筋肉ついてきた?」と声をかけてもらったり,Siriなどの音声認識に自分の発音した英語を正しく認識してもらえたりと成果が出始めています.

このブログも技術系の話題を書こうとして*1はてなブログで初めましたが,まだまだそんな内容を書けるほどのプロフェッショナルでもないので,これからは少しづつの記事をこれまでよりペースをあげて続けていこうかなと.

 

毎日,毎週の習慣にするって大事ですよね.

*1:RaspberryPiをはじめ,プログラムや電気電子工作など

RasPi IoTが進まない

もう何ヶ月前だろう.

僕はRaspberryPiを買ってエアコンをスマホから操作することを夢見た.

 

セットアップやSSH接続ができた時はどんなに嬉しかったろう.

 

最近は全く進まない.

 

その理由は何か?

怖いから.

 

まずターミナルを叩くのが怖い.

UNIXのそもそもの知識もないから操作がブラックボックスすぎる.

 

次にセキュリティが怖い.

人のやったの真似してるだけじゃ本当に守れてるのかわからない.

 

そんなこんなで,UNIXの勉強とセキュリティの勉強,ネットワークの勉強等々する長い勉強の旅を始めないといけない.正直果てしない感があるがやるしかない.

 

ということで,RasPi工作は一時休戦.

いや,勉強の中でするかも...いい内容があったらまとめてこう

 

酒が飲みてぇ

阪神大ワイン祭で試飲してきた高コスパor美味しいワイン 白ワイン編

昨日は阪神大ワイン祭に行ってきました.

普段めちゃくちゃワイン飲むわけでないが結構好きということで,昨日試飲した稲葉, 国分グループ本社, 高畠ワインのワインについてまとめておきます.

価格は今日のワイン祭のカタログ掲載価格を税込で一応載せておきます.

 

 

ワインの感想

イタリア

ヴェレノージ ヴェルディッキオ・ディ・カステッリ・ディ・イエージ クラッシコ '16

¥1,664- ALC:14.0%

海沿いのマルケ州産の白ワインです.海に近いエリアで栽培されたヴェルディッキオを使っているため,潮風がぶどうの皮に当たることで起こった反応に起因する味が出ているそう.スッキリ目で辛口でした.

ヴァゼーヴォ ベネヴァンターノ・ファランギーナ '16

¥1,664- ALC:12.0%

カンパーニャ州の白ワイン.ヴェスヴィオ火山による火山性土壌,つまり火山灰等々の成分が含まれる土で育ったぶどうで作られているためミネラル感があり,さらに香りや果実味,味わいもバランスよくスカッとしていました.

フランス

マ・デ・ブレサド コスティエール・ド・ニーム・ブラン・トラディション '16

¥1,664- ALC:13.5%

コート・デュ・ローヌの白ワイン.ワインに必要な土,日光,ぶどうの3つがこの価格と思えないほどの仕上がりだそうです.シンプルに美味しいな,という感想.

スペイン

カステロ・デ・メディナ・フェルメンタド・エン・バリッカ '14

¥2,052- ALC:13.0%

スペイン内陸部のカスティーリャ・レオン州にあるワイン生産地ルエダの白ワイン.フレンチオークの新樽により発酵と塾生がなされていて非常に樽感のある味わいでした.ウイスキー好きなせいかこの樽感に惹かれます.

南アフリカ

KWV カセドラル・セラーシャルドネ '16

¥1,815- ALC:13.5%

 KWVは元々国営と言える組織だったようです.最近は完全民営化されています.新世界ワインで価格の割に非常に美味しい.とにかく美味しかったので購入しました.栓の部分もお洒落です.

KWV カセドラル・セラー スパークリング・ブリュット '11

¥2,085- ALC:12.0%

先ほどと同じKWVの白のスパークリングです.少し酸を感じる美味しいまとまりのある味で,泡持ちがいい一本でした.これもおすすめ.

オーストラリア

ローズマウント ブレンド トラミネール・リースリング '16

¥1,361- ALC:10.0%

2017サクラアワードダイヤモンドトロフィー受賞の白ワインです.サクラアワードは女性のみの審査で賞を取れるかどうかで売上にかなり影響があるそう.アルコール度数があまり高くなく,すっと甘くて非常に美味しいワインだったのでこれも購入してしまいました.

日本

嘉スパークリング シャルドネ

¥1,804- ALC:13.0%

山形県の高畠ワインのスパークリングワインです.辛口のすっきりしたすごく美味しいワインで次回購入を検討中.コスパ最高かと.

高畠シードル

¥1,512- ALC:8.0%

同じく高畠ワインのふじりんごを使用したワイン.りんごのワインということで,いい意味でワインっぽくなく,ワインに苦手意識がある人にこれもワインだよとオススメしたい甘くすっきりした味わいです.

氷結搾りデラウェア '17

¥2,193- ALC:9.0%

またまた高畠ワインの白ワイン.アイスワインという種類のワインがありますが,これは凍った状態からワインに加工していくことで甘みがぎゅっと凝縮されます.本ワインも「氷結搾り」ということで非常に甘く,またデラウェアといういつも食べてるぶどうで味に親近感もあります.まさに食後のデザートにぴったりのワインです.

 

まとめ

白ワインが好きなのでとりあえず白について知識整理しました.気が向いたら赤も復習します.

阪神大ワイン祭は5月8日(火)まで阪神梅田本店の8階で開催されているので見てくださった方で興味があれば是非足を運んで見てください.

www.hanshin-dept.jp

漢字を思考ツールにしてみる

こんにちは.

 

数日前ゴルゴ松本さんの講演会に行ってきました.

最近はテレビも見ないので,どんな話をするのかもサッパリで参加したものの,行ってみるとこりゃ行って良かった...と非常に満足の内容でした.

 

今日はそこで聞いたお話を通じて面白いと思った「漢字を思考のツールにする」ことについて少しメモ.

 

 

そもそも漢字って?

漢字とはなんぞということを意識したことがある人はどれだけいるでしょう.

僕自身はこれまで学校で聞いたぐらいの知識は多少ありつつ,ある意味全くのゼロでした.ただいつも使う文字という感じ.

 

ゴルゴさんのお話によると,

  • 漢字は3000〜4000年前から使われている
  • 漢の時代に整理されたから「漢」字
  • 便利だから今の時代も残ってる

 

つまり,数千年生き残ってるテクノロジーってことで漢字めちゃくちゃすげぇええ

            f:id:maikocho:20180430153515p:plain

で,こんだけ歴史が長いので漢字1つ1つが非常に多様な意味や成り立ちを持つんですね.その中にこれまでの人間の哲学みたいなものが見えてきます.

 

だからこそ,漢字を使った思考はなかなか面白いというワケです.

 

実際にやってみよう

思考ツールにすると面白いよと言われてもどう面白いのかわかんないので実際にめちゃめちゃ簡単にやってみた例を載せます.

 

簡単に手順をかくと

  1. テキトーな漢字1字を真ん中に書く
  2. その漢字を含む熟語or漢字or同じ音を持つ他の漢字を書いてみる
  3. 書いた漢字からまた連想させていく

これだけです.

 

以下は「糸」を中心にしてダラーとやってみた結果.ちょっと飽きて途中で断念.

f:id:maikocho:20180430154123p:plain

 

 

ここで意外と大事なのが同じ音の別の漢字です.

例えば上の例の「絆」は音から「きづな」と発想し,「綱」という糸偏を持つ漢字にたどり着いています.

 

また,半という部品があることから「結婚」や「男女」の「半分が合わさって1つになる」イメージにつながっていきます.

 

これらの発想はネットや辞書を調べて出てくる意味と違っていても構いません.

 

大事なことは,この連想からなんのヒントを得るかです.

 

ゴルゴさんは

「心の音,つまり意思や意志といった形のないものに形を与える,『事の場』にするのが『言葉』だ」

というようなことを言ってた気がします.

聞き間違えてても当エントリーで伝えたいことに影響はないのでご勘弁.

 

まとめ

漢字は歴史があってその形や音から様々な発想(別の漢字)に飛んで行けるのでブレーンストーミングみたいに使ってみるといいよ!っていう内容でした.

 

当日は著書を購入し,サインと握手をしていただくという田舎のミーハー感丸出しのことをしていい思い出になりました.ゴルゴ松本さん,ありがとう.

 

iPad+ApplePencilの大学での広がり

大学はそれまでの教育機関とは異なり,勉学に励むものは「生徒」ではなく「学生」と称されるようになる.

その大学で,学生たちはどうやって講義を受けているか.

 

  1. ノートorルーズリーフに板書を写す
  2. 板書を写真に撮る
  3. レコーダーで録音する
  4. パソコンでノートを取る
  5. タブレットをノートにする
  6. ソシャゲをする
  7. 教授を写真に撮って遊ぶ
  8. 菓子パをする                               etc...

 

1が一番多い(本当は6〜が多い)が,数十人に一人パソコンやタブレットでノートを取る人が居る.*1

 

しかし,最近研究室での生活だけになった最近は,昨日の新型iPadの発表で価格的に大きく抵抗感が下がったため,iPadとApplePencilを持つ人がどんどん増えてきて居るように思う.

 

大抵の人はもう戻れないと言う.

 

普通に考えたらやっぱりそうだよなぁと.

 

しかし,講義がある場合電子ノートは向かない場合があるのが厄介な点.

その理由は,講義によっては試験で講義ノートが持ち込み可能となるが,そのノートは紙に自らが手書きしたものであることという条件がつくことが多いこと.

 

これは本当に厄介.

 

でも,大学生はみんなiPad持つといいと思う.

 

荷物減るし,あっあれなんか習ったことあるなって内容もすぐに確認できる.

持ち込み可能の講義はまとめ直しで復習できると思えばいいし.

 

何より,かっこいい...

 

みんな,iPadとApplePencil買おう.

 

ただ,AppleWatchだけは見た目ダセェので買わないでおこう.

*1:理系学部での自分の経験です

新型iPadが発表されたのでApple遍歴と考察をする

f:id:maikocho:20180328214555j:plain

 

Appleのイベント「Let's take a field trip.」がありました

今回のイベントは「教育」をテーマにしたものらしいです

詳細は以下の記事を参考にしてください

 

www.gizmodo.jp

 

今回は新型iPadが発表されました

何と言ってもApplePencilへの対応が注目ポイント

 

マイペースにだらだら更新している本ブログでも以前書いたこちらの記事がアクセスの大半を占めてます

maikocho.hatenablog.com

 

ということで!

僕自身のApple遍歴とApplePencilについて書いていこうかと思います

 

Apple遍歴を振り返る

貰ったり買ったりで実際所持したものを列挙します

  1. iPod touch(第4世代)
  2. iPod nano(第6世代)
  3. iPod nano(多分第5世代)
  4. iPod shuffle(第4世代)
  5. iPod shuffle(第2世代)
  6. iPhone6
  7. iPhone7
  8. iPhone8
  9. iPad (初代)
  10. iPad mini2
  11. iPad Pro 10.5 inch + ApplePencil
  12. MacBookPro(13 inch , Retina, early 2015)

 

Apple製品に惹かれたのは7~8年前だったかなと記憶しています

特にiOS搭載端末のホーム画面のアプリ配列に強烈な魅力を感じました

ひどい時は小一時間ホーム画面を眺めてた気がします...

Apple × 教育 これまでの自分の体験

僕の初めてのApple製品は中学生の時に購入したiPodtouchです

iPhoneiPadは高校生

そして大学生になってMacBookProとiPad Proを手に入れました

 

以下では大学生として実際自分で学習等にApple製品を使う身として感じるメリットやデメリット等を考えていきます

メリット

色々使うとコツコツAppleに囲い込まれて良かったなと思います!

その理由はとにかく自分の持つデータを非常に簡単に1箇所にまとめることができる

これに尽きます

 

最近は

 

iPodProで勉強やお絵かき、スケジュール管理、読書、ブラウジングたまにストリーミング

MacBookProではがっつりした文章タイプやコーディング

各種娯楽とコミュニケーション、スケジュール確認はiPhone

 

こんな感じで利用してます

データ共有によりこれらがうまく連携して、学習するにも使い方次第で非常に効果的になります

 

Appleの提唱する教育への参入の主要ポイントは

生徒側: iPadとApplePencilを利用した様々なコンテンツによる学習体験の向上

学校側: アプリ「Schoolwork」による生徒管理

となっています

 

本当に導入されれば生徒は教科書、ノート、筆箱等々の詰まった重いカバンから解放され、非常に素晴らしい体験ができるでしょう

僕自身体験からこれは断言できます

 

デメリット

それは何より高いことです

導入方法は様々だと思いますが、本当に必要だと思う以下4点を見てみます

 

  1. iPhone8                ¥78,800-
  2. iPad Pro 10.5inch ¥69,800-
  3. ApplePencil           ¥10,800-
  4. MacBook Pro(13inch,256GB,TouchBarなし) ¥164,800-

 

Appleのサイトでほぼ最低限のスペックで考えて

税抜き計 ¥324,200-です

学割等考えても約30万円かかることになります

 

学生がいきなりこれを全部揃えるのはキツい...いや本当に

さらに書類を電子化するためにスキャナーを準備するとさらにお金がかかります

 

今回のイベントで変わったデメリット

今回発表された新型iPadはApplePencil対応がキーです

この対応のおかげで紙とペンの代わりを安価に実現できるようになりました!

 

新型iPad 9.7inchは37,800円(税抜)~*1

ApplePencilを買っても

5万円以内

で済みます!!!

 

iPadProで揃える場合の約半分という感覚です

 

また、日本での発売はまだわかりませんがサードパーティスタイラス等も発表されています

www.gizmodo.jp

 

純正の約半額でペンをゲットできるので待ち遠しいですね...

 

まとめ

とにかく紙とペンをiPadとPencilに切り替えるのはすごくおすすめです

ただ個人的に不満足なのはApplePencilの「充電」と「収納」です

 

ここの体験が非接触給電やデザインの再考により改められることが個人的な希望です

 

Appleの囲い込みは学生のうちからすべきというのが僕の考えなのでこのアプローチは今後が楽しみです!

 

*1:学生向けはもう少し安い