まいこーmemog

「あっこれなんか使える」と思ったことをメモしたり、日々生活の仮説と実験,その結果を書いたりします。[memo+blog]

「分かる」と「理解する」を考えさせられた

こんにちは

 

最近,家庭教師を始めました.

個別の塾講師はずっとやってきたものの,そこでは他の講師との兼ね合いもあり,

なかなか完全に自分のなかの指導方法というものを試せないままでした.

 

今回の家庭教師は完全に自分の力のみで指導を行うので改めて,

「分かる」ってなんだろう.

「理解する」ってなんだろう.

ということをまず考え,自分の中でぼんやりできかけていた指導方法を形にしようと日々考えをまとめています.

 

人に理解してもらうのは非常に難しいですが,人の言うことが分かるかどうか

という問題は個人的に教育の範囲に収まらない興味の対象です.

「分かる」は一体なんなのか.今現在の仮説をメモします.

 

「分かる」はわかってないかも

「分かる」は漢字の通りこのような印象です.

f:id:maikocho:20181016235535p:plain

まさに分けるイメージで,その分け方は個性が出ると思います.

 

ここで僕自身が家庭教師の仕事をする上でポリシーとして,

親御さんに見てもらっている文章をご覧ください.

 

--------------------------------------------------------------------------

物事の理解の方法は十人十色です.

「わかる」は「分かる」つまり分類することと言えます.

その分類の方法はこれまでのその人の人生観に依存するのです.

したがって,指導科目を私のわかりやすさで教えるだけでなく

生徒さん一個人に真剣に向き合い,個性を把握・分析して,

「自分のわかる」を発見するお手伝いがしたいと考えています.

---------------------------------------------------------------------------

 

アンダーライン部分が学習における「分かる」です.

言い回し上は簡略していますが,受け取った情報を絵のように「分け」て

分類を考えるのでやはりイメージは同じです.

 

ここでの「分かる」を言い換えると,

「これまでの知識とのアナロジーを考える作業」

と言うことができるかと思います.

そしてこれまでの知識はひとりひとり異なっているので,分け方に個性が出ます.

 

もう一度同じことをまとめて言い直すと,

「分かる」は受け取った情報を個人の経験に依存して分け,自身の保有する知識との類似によって分類する作業

であり,個人によってとても意味の変わる言葉です.

 

これが「分かった」と人が言っていても,伝わっていないことがある原因です.

 

「理解する」はなにか

理解するは「理(ことわり)を解する」ということ.

ある意味,その情報を本質的に捉えたということです.

f:id:maikocho:20181017001059p:plain

イメージとしてはこんな感じ.

個性を光らせて「分けた」ものの組み立て方を知る.

そんなところかなぁと思いました.

 

分け方はバラバラで不均等でも,ほぼしっかり元の情報に戻すことができる.

この作業をしていると思うと理解するのはそれなりに考えないと難しそうです.

 

「分かる」=「理解する」になるには過程が必要

さて,「分かった」ものを「理解する」ところまで見ました.

ここで考えたいことが一つあって,

理解した後に同じ情報が来たらどうするか?

ということ.

 

あなたならどうするでしょうか?

 

きっとよほどひねくれていない限りは,

さっきの理解した形にしたがって切り分けるでしょう.

 

そして,相手に対して返事が必要な場合「分かった」と答えるでしょう.

この時の「分かる」が「理解する」と同じ意味になります.

 

意思疎通の上で「分かった」が「理解した」とイコールなのか

できる限り確認しないといけないことがこのことからわかるでしょう.

 

また,学習指導の面ではこの「分かる」=「理解する」にならないと

時間内に解くテストに太刀打ちできなくなります.

 

まとめ

「分かる」は個人的なものから「理を解す」ことで

「理解する」と同値な「分かる」に変化することを見てきました.

 

学習指導ではこの「分かる」の段階を見極めないと

非常に的外れな指導を行ってしまう可能性があるなぁと自戒しておきます.

 

人に「わかった?」と尋ねて「わかった」と返された時,

それがどっちの分かったなのか判断するのが結局難しいですが…泣

微分方程式の解とはナニモノか

微分方程式に初めに出会うのは理系学生なら高校の頃かもしれない.

最近は学習指導要領の変更が多く,このあと話す内容を考えると微分方程式は高校で扱うのか少し悩まれる範囲だと思う.

大学生なら理系はもちろん,文系といわれる学部でも微分方程式が欠かせない分野もある.

 

先に結論を述べる.

微分方程式は「解を求める」ということが小中高で得た「解く」「正解を出す」の感覚と大きく乖離している.

 

どういうことか詳細を述べる前にまず微分方程式の簡単な理解を紹介する.

微分方程式は微小変化量の関係式と言って良い.変化の仕方を式にしているので連続の,アナログの現象を取り扱うための式となることもわかる.

この微分方程式は一般に解ける形が決まっていると言われている.解ける一例として最も単純な一階の常微分方程式を実際に「解いて」みる.

 

{\displaystyle x,y}を変数,{\displaystyle a}を定数として,

{ \displaystyle \dfrac{dy}{dx}=a}

を考えてみよう.

 {\displaystyle y}{\displaystyle x}微分したら{\displaystyle a}になるというので解は,

 {\displaystyle y=ax+C \qquad(C:積分定数)}

となる.

 

これが微分方程式を解くということになるが,解を見るとこれは関数である.

より厳密にいうと解は変数{\displaystyle x}の関数となっている.

 

初めの話に戻ろう.微分方程式は解ける形が決まっていると言われている.

大学で微分方程式に関わる講義を取ったことがある人や,テキストで勉強したことがある人は◯◯の微分方程式と,方程式の形やよくわからない人の名前で解法が分類されているのを見たことがあると思う.

 

解法を分類するのはそれ以外ではうまく解くことが難しいからである.

 

そして,この記事の結論につながる.

解けたというのはどういうことか.

微分方程式を「解く」というのは「解を初等関数もしくはよく知られた特殊関数で書き下せる」ということである.

 

この事実を聞いた時,マジか.と思った.

これまで解くってことは正解を求めるってことだと思っていたし,数学の正解はひとつだと思っていた.

正確にはひとつでない事は分かっていたつもりだったけど,小中高の学習の中で数学は正しくひとつ答えが出ると錯覚し,頭に深く根付いていた.

 

極端なことを言うと「解けない」微分方程式も,この方程式を満たす関数を◯◯関数と呼ぶ.と宣言して世間に広まればある意味「解けた」ことになる.

 

この構造は数学の世界だけの話ではない.

解決するはずのないほどの難題にそれらしい理屈をつけて解けたと宣言し,それが正の感情を持って広まれば解けたことになる.

正しい解が正解だと思っていたが,正の感情を誘起する解を正解というのかもしれない.それが唯一の,最も最適な解でないとしても.

残暑の気だるさか、あるいは

ゲリラ豪雨が頻発し、雷の大きな音が聞こえて少しビクッとする。

最近の天気予報あるいは天気観測技術はすごい。少し先の雨のことならほぼ間違いない。雨より一足先に帰宅できた僕は、マンションの自室から雨に濡れる人を見る。ペトリコールが心地よい。

部屋を暗くし、雨のパレードの『Petrichor』を聞きながらコーヒーとパン片手に外を歩く人を見ることにした。

 

雨の降り始めは傘もなく走る人たちばかりだ。どれだけ走れば雨宿りできるのか、どれだけ濡れて帰るのか。今日の自分は耐えられないなと思う。

少し経つと傘をさす人たちが多くなる。この短時間でさすということは元々準備があったのだろうなと感心する。部活帰りの人だろうか、傘を持つ男の子が女の子を入れてあげている。平成の夏の終わりのはじまりの予感。往来の車のランプが赤白黄色に光っている。

 

ゲリラ豪雨が去り、少しムシっとするかと思いきや陽が落ちたせいかヒヤリとした風が頬をさす。服の貼りつくむさ苦しい汗をかいた身体が冷やされて気だるさを自覚する。今日もまだ暑かったからか、あるいは。

 

この夏の始め、とても単純なことにふと気付いてから家にこもって勉強しがちだった自分はどこかへ消えてしまった。これまで倹約していた分を切り崩して、バイトをせずに外に出て色んな初体験をした。

 

イデアを形にするために先立にアポイントを取って話を聞く。仲間と話し合って何か役に立つものを作り出そうと動く。オカマバーに繰り出し、夜の街の入り口を体験する。虫を食う。初めて会う女性とデート。etc...

 

家にこもりがちな自分にしてはかなりアグレッシブに動いた。失敗を恐れて動かないことをやめることができたのだ。この1ヶ月で新しく出会った人はいったい何人だろう。顔も名前も思い出せない人から今では頻繁に連絡を取り合う人まで様々な関係ができては消えた。

 

今日の気だるさは残暑によるものかあるいは、この8月の激しさによるものか。前者なんだけど、ボーッとしてたら後者が思い出されたよね。

 

明日から9月。ガチの日記風の記事を今月最後の初めての経験にして8月におさらば。

Apache勉強したいので勉強する

こんにちは.まいこーです.

最近ラズパイでいろいろ触っていて近年の素晴らしいテクノロジー,サービス*1のおかげでそれっぽいことはたくさんできました.

 

しかし,正直な感想としては,

実際何やってるのか全くワカンねぇ...です.

 

なんでこの文字打ったらデータ送信できるの?なんでこっちのファイルに打ったら動かなくてあっちに打ったらうごくの?なんでなんで?

 

取り乱している時,師からお言葉をいただきました.

「基礎技術は簡単.組み合わせで複雑になってるし基本発想がそもそも隠れてしまっている.」

 

ということでデータ通信するのにネット使いたいけどネットの世界って怖いのでおとなしくお勉強します.とりあえずApacheの勉強ノート.

 

Apacheとは

Apache(アパッチ)はWebサーバーソフトウェアの一種です.シェアがめちゃくちゃ高く実質の業界標準と思ってもいいそうです.ちなみにWebサーバーはWebページのデータ倉庫です.

 

また約20年間オープンソースで公開されてどんどんバージョンアップされており信頼性が高く,拡張性もあり,複数のサーバーOS上で動かせる環境になっています.

 

Apacheを使う場面

Webページを公開したい,そのために必要なのがWebサーバー.ではWebサーバーは何かと言うと「ハードウェア+Webサーバーソフトウェア」です.

 

ハードウェアは例えばMacBookVAIO,ラズパイまでいろいろ選択肢があります.同じようにWebアプリケーションにも様々種類があり,その中の一つがApacheです.

 

Webサーバーとは

Web(World Wide Web)という文字や画像,動画等のコンテンツを簡単に扱えるサービスにおけるサーバー(供給者),それがWebサーバーです.

 

一方,このページをブラウザで見る私たち側はクライアント(依頼人,顧客)と言います.クライアントがこのページ見たいとリクエストし,Webサーバーがどうぞとページ情報を返してくれます(レスポンス).

f:id:maikocho:20180726112212p:plain

基本の発想,超簡単じゃんか...

 

ちなみにサーバーが返すデータは目に見えるとは限りません.

基本ネットでページを見るというと,htmlファイル等々は見せるための情報のことだけが頭に浮かびがちですがデータを受け取るということはローカルのメモリ上にデータを保持するということです.

 

視覚的に見えないデータが含まれてもおかしくありません.ここにクラッキング等の危険があるということです.ポインタの概念やプログラム実行のイメージがないとわかりにくいので詳細は割愛.

以下のページが参考になります.

https://eng-entrance.com/buffer-overflow#i-4

 

話を戻します.

Webサーバーのお仕事とApache

 Webサーバーはリクエストに応じてレスポンスを返すことはわかったけど,もしこんな状況になったらどうなるでしょう.

f:id:maikocho:20180728105504p:plain

サーバーさん英語がわからず困っちゃってます.

 

こんなことにならないように,やりとりのルールとしてHTTP(HyperText Transfer Protocol)が定められています.このHTTPのルールでやりとりの処理ができるプログラムがWebサーバーソフトウェア,つまりここではApacheです.

 

WebサーバーとURL

クライアントが送るリクエストはURL(Uniform Resource Locator)の形になっています.URLはネット上の情報の位置情報を示すための情報技術,または位置情報そのものと思ってしまっても大丈夫そうです.

 

URLは3つの要素で構成されています.通常は

プロトコル://ドメイン名/ディレクトリパス等ファイルの場所」

と言った具合になっています.

 

プロトコルはさっきのHTTPのような基本ルールです.この手順で処理しようねという情報を与えています.

 

ドメインはインターネット上の住所表示と言えます.しかし,ネット上の住所と言えばIPアドレスです.ドメイン名とIPアドレスDNS(Domain Name System)という仕組みで対応づけられています.

 

ここでは例としてexample.comのページを要求する場合を見ます.3ステップで住所(IPアドレス)特定がされます.

 

1.「example.com」のIPアドレスをルートDNSサーバーに聞く.

→「.com」のDNSサーバーに聞くように要求される.

2.「example.com」のIPアドレスを「.com」のDNSサーバーに聞く.

→「example.com」のDNSサーバーに聞くように要求される.

3.「example.com」のIPアドレスを「example.com」のDNSサーバーに聞く.

→「example.com」のIPアドレスを得る.

f:id:maikocho:20180728114042p:plain

これで欲しい情報の置き場に来ることができました.

 

ディレクトリパス等ファイルの場所というのは,情報置き場の特定ファイルを指すための情報です.お店に行くだけでは買い物できない.ある商品をくださいと指定している感じです.

 

クエリパラメータ

URLにはたまに「?category=a」のような文字列がついていることがあります.これをクエリ(検索条件)パラメータと言います.この例なら「categoryという変数にaをいれてね」ということです.

 

この情報はクライアント側から送る,直接Webサーバーが処理する情報ということになります.便利ながらセキュリティホールにもなる機能で,注意深く対策がなされるようです.

 

まとめ

今回はWeb上の仕組みにおけるApacheの役割,立ち位置を把握する内容を勉強できました.

次からは実際のApache立ち上げ等について勉強していきます.

*1:IFTTTとかLINEDeveloperのいろんな機能とか

解析力学に見る人生観

こんにちは.

 

昔,専攻の関係上,解析力学を学ぶことがありました.この学問,されるがままに講義を受けていると本当に訳が分からなくなります.

 

しかし,勉強中に出会ったある参考書の一節に非常に面白いトピックがありました.それが力学の基本法則の考え方の中に見る人生観,世界観の話です.

 

勉強はヘビーで難しかったですが,ここだけは誰が見ても面白いと思ったので,簡単に解析力学の雰囲気を説明してから,その力学の原理に見る人生観,世界観を個人的な応用事例とともに紹介できたらなと思います.

 

 

ニュートンの法則の復習

ニュートンの法則

  1. 慣性の法則
  2. 運動方程式
  3. 作用反作用の法則

一般に以上3つで表現されます.ここで重要なのはとりあえず運動方程式です!

 

運動方程式の意味を少し見てみる

運動方程式は高校の物理でma=Fという式で習います.(mは質量,aは加速度,Fは力)

これは実は微分方程式ですね.つまり,変化する量の関係を表した式です.ここで変化する量とはaです.

 

aは加速度と言いますが,これは少し時間が経った時,速度vがどれだけ変化するか?を表しています.時間あたりどれだけ変化するか?という意味の変化量ですね.

 

もっと感覚的なイメージを持つために,具体的にいうと,停止していた車がいきなりアクセルを全開で踏んで1秒後に時速60kmになったらめちゃくちゃ加速したな!って思いますよね.そういう感覚です.

 

まとめると,ニュートン運動方程式は,今,目の前に見えている物質の加速度(速度の時間変化)や力と言ったものの関係式です.時間変化に関する量が入っているので未来や過去の運動を表現できます.

 解析力学の復習(雰囲気だけ)

解析力学ってそもそも何?

僕自身,今も完全に分かってる訳じゃないです...少し復習をしましょう.

 

解析力学(かいせきりきがく、英語:analytical mechanics)とは、ニュートン力学数学解析学の手法を用いて記述する、数学的に洗練された形式。解析力学の体系は基本的にはラグランジュ力学ハミルトン力学により構成される[1]

(引用: 解析力学 - Wikipedia )

 

なるほどわからん

 

上の説明は個人的に難しいですが, すご〜く簡単に言うと,

 

解析力学は,これまで学んできた運動方程式より,更に元となる考え方を原理にして,運動方程式すらその原理から導けるように理論的に整理された力学.

 

こんな感じでいいと思います.*1

 

そしてこの,「更に元となる考え方」ってのが最小作用の原理というやつです.これは普通に内容を書くとめっちゃ数式ですごく難しそうに見えるので雰囲気で説明します.

 

最小作用の原理のイメージを知ろう

最小作用の原理,こんな仰々しい名前だと見るだけで嫌になりますが,ここでは簡単なイメージができれば大丈夫です.

 

簡単にいうと,

自然はできるだけ楽な方法で実現できる現象を現実にする

こんなイメージが持てれば十分かと思います.

 

想像しにくい場合は,冬の休日の朝,寝起きの自分を想像しましょう.

 

目が覚めた,でも動きたくない .テレビが見たい.リモコンはどこだ?足を目一杯伸ばせば届く位置にある.立って取りに行けばいいのに,布団から出ないでモゾモゾと足を伸ばす...

 

こんな感じになりませんか?まさに自然もこうなってます!!!*2

 

でも,何が一番楽かって比べないとわかんないですね.リモコンを立って取りに行くほうが楽なのか,足伸ばしたほうが楽なのか.

比べて何が一番楽かを教えてくれる方法が変分法です.

 

一番楽を知る方法「変分法

変分法は文字通り,変わった分を考える方法です.ここでも厳密さは無視して雰囲気だけ感じていきましょう.

 

 さっきの例をそのまま使います.リモコンをとる一番楽な方法を基準に考えます.今回は「足を伸ばしてリモコンを引き釣りこむ」を一番楽な方法とします.

 

その基準からずれた動き,例えば立ってリモコンを取りに行くと,足を伸ばすよりたくさん動きます.たくさん動いた分「疲れ」は大きくなりますね.この「余分な疲れ」を変分と呼ぶと考えてください.

 

ここで,状況を整理して,まとめましょう..

  • 今は布団の中(事象:A)
  • 目標はリモコンをとってテレビを見ること(事象:B)
  • リモコンをとる一番楽な方法は足を伸ばすこと
  • 足を伸ばす以外で取ると「余分な疲れ」=「変分」がある

 

AからBになるための疲れを一番小さくしたい!そんな式を立てれば何か意味のある式が導かれそうですね.

こんな風な考え方をさせてくれるのが変分法という訳です. 

 

力学に見る世界観とは

微分方程式変分法を比べる

ここまで見てきた微分方程式変分法を比べて見ましょう.

 

微分方程式とは?

今,目の前に見える物理量の関係式.質量mの物体に働く力とその物体の加速度の関係である.

 

変分法とは?

ある事象から別の事象に移る際に自然は楽できる方法を探して移る.その楽な方法を見つけ出す道具が変分法である.

 

ここで,一つ補足します.変分法で出てきたある事象と別の事象の間の運動は,微分方程式でも記述できます.

 

つまり,この2つの考え方はある現象を記述する方法で,どちらで書いても同じ結果が得られます.同じ物事に取り組むためのアプローチが2通りあるということです!

 

具体例としては,キャッチボール中のボールの運動をイメージすればいいかと思います.

 

ボールの加速度や力の関係でボールの動きを考えるの微分方程式

A君からボールをB君に渡す(目的).その間ボールの動きを考える方法が変分法

 

二つの考え方の解釈

やっと物理の話から考え方,人生観の話に移れます.

 

微分方程式は,

目的を考えるわけではなく,今,目の前にある問題を観察して,それに対する最も現実的な方法で問題を解決する.

そんな考え方です.

 

一方,変分法は,

先に目的を考え,その目的を達成するための最善手を目的までの全体像の中で見つけて問題を解決する.

そんな考え方になります.

 

まとめ

状況によりけりですが,このように2つの考え方を整理して頭に置いておくことは結構大事なんじゃないかな,と思って今日はまとめておきました.

 

例えば何か団体を作る時,自分が団体を作りたい,と思って作ったならそれは微分方程式的な思考でしょう.このような団体は往往にして失敗します.

一方,何か達成したい目的があってそのために団体を作ることが最善と判断して作ったならこれは変分法的思考です.この場合は成功しそうです.

 

こんな風に今自分の成すことが,どんな性質のことなのかを2つの思考を使って考えると,自分の思考を整理できるかと思います.

 

こんな風な考え方の拡大が潜んでいるのが学問の醍醐味ですね.

今日のこの考えに出会えた参考書*3を最後に貼っておきます.それでは.

解析力学・量子論

解析力学・量子論

 

 

 

*1:少し厳密にいうとこれまで学んできた運動方程式というのは,ニュートンの法則と書いた方が正確かと思います.

*2:厳密に科学やってる人ごめんなさい

*3:この先生の書き方はもっと普遍化された感じがします

阪神大ワイン祭で試飲してきた高コスパor美味しいワイン 白ワイン編

昨日は阪神大ワイン祭に行ってきました.

普段めちゃくちゃワイン飲むわけでないが結構好きということで,昨日試飲した稲葉, 国分グループ本社, 高畠ワインのワインについてまとめておきます.

価格は今日のワイン祭のカタログ掲載価格を税込で一応載せておきます.

 

 

ワインの感想

イタリア

ヴェレノージ ヴェルディッキオ・ディ・カステッリ・ディ・イエージ クラッシコ '16

¥1,664- ALC:14.0%

海沿いのマルケ州産の白ワインです.海に近いエリアで栽培されたヴェルディッキオを使っているため,潮風がぶどうの皮に当たることで起こった反応に起因する味が出ているそう.スッキリ目で辛口でした.

ヴァゼーヴォ ベネヴァンターノ・ファランギーナ '16

¥1,664- ALC:12.0%

カンパーニャ州の白ワイン.ヴェスヴィオ火山による火山性土壌,つまり火山灰等々の成分が含まれる土で育ったぶどうで作られているためミネラル感があり,さらに香りや果実味,味わいもバランスよくスカッとしていました.

フランス

マ・デ・ブレサド コスティエール・ド・ニーム・ブラン・トラディション '16

¥1,664- ALC:13.5%

コート・デュ・ローヌの白ワイン.ワインに必要な土,日光,ぶどうの3つがこの価格と思えないほどの仕上がりだそうです.シンプルに美味しいな,という感想.

スペイン

カステロ・デ・メディナ・フェルメンタド・エン・バリッカ '14

¥2,052- ALC:13.0%

スペイン内陸部のカスティーリャ・レオン州にあるワイン生産地ルエダの白ワイン.フレンチオークの新樽により発酵と塾生がなされていて非常に樽感のある味わいでした.ウイスキー好きなせいかこの樽感に惹かれます.

南アフリカ

KWV カセドラル・セラーシャルドネ '16

¥1,815- ALC:13.5%

 KWVは元々国営と言える組織だったようです.最近は完全民営化されています.新世界ワインで価格の割に非常に美味しい.とにかく美味しかったので購入しました.栓の部分もお洒落です.

KWV カセドラル・セラー スパークリング・ブリュット '11

¥2,085- ALC:12.0%

先ほどと同じKWVの白のスパークリングです.少し酸を感じる美味しいまとまりのある味で,泡持ちがいい一本でした.これもおすすめ.

オーストラリア

ローズマウント ブレンド トラミネール・リースリング '16

¥1,361- ALC:10.0%

2017サクラアワードダイヤモンドトロフィー受賞の白ワインです.サクラアワードは女性のみの審査で賞を取れるかどうかで売上にかなり影響があるそう.アルコール度数があまり高くなく,すっと甘くて非常に美味しいワインだったのでこれも購入してしまいました.

日本

嘉スパークリング シャルドネ

¥1,804- ALC:13.0%

山形県の高畠ワインのスパークリングワインです.辛口のすっきりしたすごく美味しいワインで次回購入を検討中.コスパ最高かと.

高畠シードル

¥1,512- ALC:8.0%

同じく高畠ワインのふじりんごを使用したワイン.りんごのワインということで,いい意味でワインっぽくなく,ワインに苦手意識がある人にこれもワインだよとオススメしたい甘くすっきりした味わいです.

氷結搾りデラウェア '17

¥2,193- ALC:9.0%

またまた高畠ワインの白ワイン.アイスワインという種類のワインがありますが,これは凍った状態からワインに加工していくことで甘みがぎゅっと凝縮されます.本ワインも「氷結搾り」ということで非常に甘く,またデラウェアといういつも食べてるぶどうで味に親近感もあります.まさに食後のデザートにぴったりのワインです.

 

まとめ

白ワインが好きなのでとりあえず白について知識整理しました.気が向いたら赤も復習します.

阪神大ワイン祭は5月8日(火)まで阪神梅田本店の8階で開催されているので見てくださった方で興味があれば是非足を運んで見てください.

www.hanshin-dept.jp

漢字を思考ツールにしてみる

こんにちは.

 

数日前ゴルゴ松本さんの講演会に行ってきました.

最近はテレビも見ないので,どんな話をするのかもサッパリで参加したものの,行ってみるとこりゃ行って良かった...と非常に満足の内容でした.

 

今日はそこで聞いたお話を通じて面白いと思った「漢字を思考のツールにする」ことについて少しメモ.

 

 

そもそも漢字って?

漢字とはなんぞということを意識したことがある人はどれだけいるでしょう.

僕自身はこれまで学校で聞いたぐらいの知識は多少ありつつ,ある意味全くのゼロでした.ただいつも使う文字という感じ.

 

ゴルゴさんのお話によると,

  • 漢字は3000〜4000年前から使われている
  • 漢の時代に整理されたから「漢」字
  • 便利だから今の時代も残ってる

 

つまり,数千年生き残ってるテクノロジーってことで漢字めちゃくちゃすげぇええ

            f:id:maikocho:20180430153515p:plain

で,こんだけ歴史が長いので漢字1つ1つが非常に多様な意味や成り立ちを持つんですね.その中にこれまでの人間の哲学みたいなものが見えてきます.

 

だからこそ,漢字を使った思考はなかなか面白いというワケです.

 

実際にやってみよう

思考ツールにすると面白いよと言われてもどう面白いのかわかんないので実際にめちゃめちゃ簡単にやってみた例を載せます.

 

簡単に手順をかくと

  1. テキトーな漢字1字を真ん中に書く
  2. その漢字を含む熟語or漢字or同じ音を持つ他の漢字を書いてみる
  3. 書いた漢字からまた連想させていく

これだけです.

 

以下は「糸」を中心にしてダラーとやってみた結果.ちょっと飽きて途中で断念.

f:id:maikocho:20180430154123p:plain

 

 

ここで意外と大事なのが同じ音の別の漢字です.

例えば上の例の「絆」は音から「きづな」と発想し,「綱」という糸偏を持つ漢字にたどり着いています.

 

また,半という部品があることから「結婚」や「男女」の「半分が合わさって1つになる」イメージにつながっていきます.

 

これらの発想はネットや辞書を調べて出てくる意味と違っていても構いません.

 

大事なことは,この連想からなんのヒントを得るかです.

 

ゴルゴさんは

「心の音,つまり意思や意志といった形のないものに形を与える,『事の場』にするのが『言葉』だ」

というようなことを言ってた気がします.

聞き間違えてても当エントリーで伝えたいことに影響はないのでご勘弁.

 

まとめ

漢字は歴史があってその形や音から様々な発想(別の漢字)に飛んで行けるのでブレーンストーミングみたいに使ってみるといいよ!っていう内容でした.

 

当日は著書を購入し,サインと握手をしていただくという田舎のミーハー感丸出しのことをしていい思い出になりました.ゴルゴ松本さん,ありがとう.