まいこーmemog

「あっこれなんか使える」と思ったことをメモしたり、なんとなくその日考えたことを書いたりします。

iPad+ApplePencilの大学での広がり

大学はそれまでの教育機関とは異なり,勉学に励むものは「生徒」ではなく「学生」と称されるようになる.

その大学で,学生たちはどうやって講義を受けているか.

 

  1. ノートorルーズリーフに板書を写す
  2. 板書を写真に撮る
  3. レコーダーで録音する
  4. パソコンでノートを取る
  5. タブレットをノートにする
  6. ソシャゲをする
  7. 教授を写真に撮って遊ぶ
  8. 菓子パをする                               etc...

 

1が一番多い(本当は6〜が多い)が,数十人に一人パソコンやタブレットでノートを取る人が居る.*1

 

しかし,最近研究室での生活だけになった最近は,昨日の新型iPadの発表で価格的に大きく抵抗感が下がったため,iPadとApplePencilを持つ人がどんどん増えてきて居るように思う.

 

大抵の人はもう戻れないと言う.

 

普通に考えたらやっぱりそうだよなぁと.

 

しかし,講義がある場合電子ノートは向かない場合があるのが厄介な点.

その理由は,講義によっては試験で講義ノートが持ち込み可能となるが,そのノートは紙に自らが手書きしたものであることという条件がつくことが多いこと.

 

これは本当に厄介.

 

でも,大学生はみんなiPad持つといいと思う.

 

荷物減るし,あっあれなんか習ったことあるなって内容もすぐに確認できる.

持ち込み可能の講義はまとめ直しで復習できると思えばいいし.

 

何より,かっこいい...

 

みんな,iPadとApplePencil買おう.

 

ただ,AppleWatchだけは見た目ダセェので買わないでおこう.

*1:理系学部での自分の経験です